Bluetooth5.2対応の完全ワイヤレスイヤホン!IPX7防水対応で汗や雨にも強い!

ostAf20201012_stk_1iPhoneをはじめとして、最近はイヤホン端子の付いていないスマートフォンやタブレットも登場している。それに伴い、数多くのBluetoothイヤホンが登場しており、その中でもケーブルを必要としない完全ワイヤレスイヤホンが人気だ。TaoTronics ワイヤレス イヤホン SoundLiberty 92もその一つで、数多くの機能を搭載してこれだけの価格で購入できるのでコスパも非常に高い。

USB-Cでの急速充電も対応!ケースと含めて25時間の再生が可能!

TaoTronics ワイヤレス イヤホン SoundLiberty 92は、インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホンの先駆者、TaoTronicsの最新シリーズSoundLiberty 92。インナーイヤー型イヤホンは耳穴に浅くかぶせるタイプとなっており、このSoundLiberty 92は人間工学設計に基づいたデザイン。耳の形状や性質を徹底的に研究し、アジア人の耳にフィットするように設計されている。カナルイヤホンより装着したときの閉塞感がなく、周りの音が聞こえやすく、着脱も簡単だ。 装着感が軽快なので長時間使用しても耳への負担を軽減して、一日中使用しても耳が痛くなりにくい。

 

オープン型でカスタムチューニングされた大口径13mm高効率ダイナミックドライバーを採用しており、豊かな高音域・クリアな中音域・迫力のある低音域がぶつかり合うことなく自然に耳へ届き、音場の広がりを感じさせてくれる。オープン型のインナーイヤーイヤホンだが、ライブの臨場感や空間の大きさ、音の重さなど、音楽や音声を生で聞いているような感覚を味わうことができる。曲のジャンルに関わらず、上質なサウンドを鳴らせるオールマイティな設定で、ワイヤレスながら音質を損なうことなく再生可能。各音域がバランスよく出力され、耳触りのよいクリアなサウンドを楽しむことができる。

 

新開発のAiroha社(BluetoothイヤホンのSoCメーカ-)"MCSync技術"を採用し、遅延や音飛びを軽減して安定性を向上。左右どちらかを親機とすることなく、それぞれのイヤホンがデバイスから直接同時に受信するためデータ伝送の安定化を実現した。また、片耳モード・両耳モードの切り替えは片方のイヤホンを出したり閉まったりするだけで簡単に対応できる。切り替え時には音楽を停止する必要がなく、スムーズに変更も可能となっている。

 

カナル型イヤホンよりルーズフィットのため、外側から声が入りやすく、両耳にイヤホンをしていても周りの声が聞こえるといったメリットがある。外の音が聞こえるので事故防止にもつながる。通勤・通学での使用はもちろんのこと、ランニングなどのスポーツをするときにも使える。遮音性が低いので、自分の声が聞き取りやすく、カナルイヤホンよりも通話がしやすいのも特徴だ。片耳で利用することができ運転中の通話や周囲の音も聞きながら通話したい人にピッタリ。

 

従来型の駆動時間が短い左右独立型インナーイヤー型ワイヤレスイヤホンと違って、フル充電からの連続再生時間はおよそ5時間で、ケースを併用すれば30時間再生可能となっている。長時間使えて使い勝手も抜群。もちろん音にもこだわってこの価格で購入できるので、完全ワイヤレスイヤホンをまだ使ったことの無い方には是非ともつかってもらいたい。
ostAf20201012_stk_1

Amazon
TaoTronics ワイヤレス イヤホン 完全ワイアレス インナーイヤーイヤホン 最新MCSync技術対応 30時間連続再生 13mmドライバー 瞬間ペアリング AAC対応 片耳/両耳 IPX7完全防水 SoundLiberty 92 (ブラック)

 

楽天
TaoTronics ワイヤレス イヤホン 完全ワイアレス インナーイヤーイヤホン 最新MCSync技術対応 30時間連続再生 13mmドライバー 瞬間ペアリング AAC対応 片耳/両耳 IPX7完全防水 SoundLiberty 92 (ブラック)

2020年10月12日 11時28分
©教えて君.net All Rights Reserved.